« 互いの思いが交錯する | トップページ | 忘れちゃいけないね! »

2008年12月21日 (日)

人の感覚は信頼できません!

コンバンハ,こぬきstです(=゚ω゚)ノ

 

 

今日は久々に研究室からブログ書いてます.

土曜日なのにぃ???

 

まぁ,土曜日に研究室に来てしまったのは,

修論時期ってことで納得してください.

で,なんで泊まってるかなんですけど・・・

ちょっと悲しいことがありました.

 

 

 

 

 

終電時間も迫り,帰り支度を整えながら作業をするこぬき.

アウターを着~の,

帰りの電車の中で聞くためにウォークマン&ウォークマンをアウターのポケットへ入れ~の,

使ってたタンブラーを洗い~の・・・

 

 

俺の所属する研究室は南門に近いので,

終電3分前に部屋を出れば何とか電車に乗ることができます☆

今日はちょっと余裕をもって5分前に部屋を出ました!

 

やっぱり夜になると外は結構寒いですね!

両手をアウターのポッケに突っ込んで,

小走りで駅へ向かうこぬき.

左手には,先ほど入れておいたイヤホン&ウォークマンの感触.

 

百戦錬磨の時間感覚というべきか,

俺が改札をくぐるくらいに

「まもなく御茶ノ水行きの最終列車が到着いたします~」

っていうアナウンス.

フフフ,さすがに終電の時間把握は完璧だぜ.

 

ホームへ向かうために階段を駆け上ろうとしたとき!!

 

 

 

 

 

 

!?

 

 

 

 

 

 

あれ,左手の感覚が物足りないような・・・

これは・・・

 

 

 

 

 

 

 

ウォークマンがない!!!

 

7650847

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一体どうした??

落とした感覚なんてなかったぞ!?

ってか左手の感覚が変わったのは今だ!

ってことはこのへんに・・・

 

 

 

キョロキョロ・・・

 

 

 

 

  

 

ない・・・

ってことは改札のあたりか?

でも今から改札まで戻ってたらギリギリ電車に乗れない・・・

終電なのに・・・

 

この状況でこぬきが出した結論.

 

 

 

 

 

 

 

「親切な人が拾って駅員さんに届けてくれるハズ!!!」

 

 

 

 

 

 

今考えたらなんという楽観主義w

家に帰りたい願望が強かったんだね,きっと(´-ω-`)

で,俺は最終電車に乗り込んだわけだけど.

そこで改めて考えた.

俺のウォークマン,フラッシュメモリ型のウォークマンなんだけど,

アレを拾って,果たして駅員さんに届けてくれるだろうか.

もし届けてくれてなかったら・・・

確かあれ1万くらいしたよなぁ・・・

この時期に1万の出費はイタイ.

ってか,あの中に書きかけの修論のデータとか入ってるんですけど・・・

まだほとんど書いてないから見られても問題ないんだけど,

ちょっとハズい∑(ノ∀`*)ペチョン

 

ここは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

戻ろう!!!

45971d71  

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

稲毛駅で降りて折り返してきました(´・ω・`)

 

 

 

 

で,駅員さんに聞きましたよ!!

今さっき落し物が届かなかったかどうか!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果としては

「ありません(´・ω・`)」

 

 

 

 

 

 

 

 

Σ(゜д゜lll)ガーン

 

 

 

 

 

人の親切を信じた俺があほでした・・・orz

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今,俺は研究室にいます.

ディスプレイの前には使い慣れたウォークマン兼用フラッシュメモリが.

 

 

 

 

 

そう.

始めから机の上に置き忘れてただけでした.

ポケットの中のフラッシュメモリなんて存在しなかった.

じゃあ,階段を上るとき,左手に感じた物足りなさの正体は???

 

それは今でもわかりません.

ただ,一つ言えることは人間の感覚なんてアテにならないってことです.

俺は左手の物足りなさを感じた瞬間,

「モノを落とした感覚はなかった」

にもかかわらず

「フラッシュメモリを落とした」

と判断しました.

それは人間の感覚なんて曖昧なものだっていう認識があったからです.

それでもフラッシュメモリが左のポケットに入っていた.

という確信は持っていました.

入れたつもりでいたし,ずっと左手で触っていた気になっていたから.

でも,その感覚自体がすでにウソだったんですね.

むぅ・・・

 

 

 

 

 

 

とりあえず,誰もいない研究室に泊まるのは非常に切ないです.

孤独死しそうです.

ブログを書いている間はなんとなく気が休まります.

でも,そろそろ終わり近づいてきたようです.

いや,終わりってのは俺の命のともしびの終わりとかじゃなくて,

今日の記事の終わりって意味だかんね!!!

 

ふぅ・・・

 

 

 

 

 

ンジャマタ[壁]ω ̄)ノシ

|

« 互いの思いが交錯する | トップページ | 忘れちゃいけないね! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20488/26360286

この記事へのトラックバック一覧です: 人の感覚は信頼できません!:

« 互いの思いが交錯する | トップページ | 忘れちゃいけないね! »